話し上手と口下手の違い

口下手の人が心掛けるべき部分


話し上手と口下手な人の違いは一体何なのでしょう。


口下手な人のイメージは、やはり、
自 信がなさそうなところです。


相手にどう思われるかを気にしすぎるあ まり、
話し上手な人と比べると、大人しい印象があります。


そして、口下手な人は雑談が苦手なようです。


そういう場面に出くわすと、口下手な人は
急に黙り込 むかまくしたてるか、どちらかに
陥ってしまいます。


そうなるのは、
相手によく見られたい気持ちが 強いからです。


そして口下手な人は、感情表現が乏しいの で、
何を考えているのかよくわからない、と思われがちです。


話し上手な人は、聞き上手な人が多いようです。


そして一人よがりにならずに、
会話のキャッチ ボールがスムーズにできるのが特徴です。


この特徴こそが、口下手の人が 心掛けるべき部分なのです。


また話し上手の人は、話しの中に
適度な間があるので、聞 き手に話の内容が
伝わりやすい特徴があります。


そして、身振り手振りも加えて、
聞く側の気持ちをそらさずに話をすることを
得意とします。


さらに、相手の様 子に応じて、臨機応変な対応もできます。


相手が今、忙しいのか、のんびりモードなのか、
元気なのか、悩んでいるのか、それらを踏まえて、
話し方を決めるのが話し上手になれる道です。


口 下手を克服したいあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!


▲このページの先頭へ


音楽ソフト売り上げ