口下手とは

口下手は十分に超えられる壁



口下手とは、話すことが苦手で、思うことを
うまく人に言えない状態のことを指します。


口下手の最大の原因は、
人と話すことへの苦手意識です


なぜ、自分が 口下手なのかを探らずして、
改善すめることはできないので、まずは
原因を探ってみることです。


口下手な人は、過剰な意識が強いのが特徴です。


しかし、世に 名言を残した有名な雄弁家の中にも、
口下手だった人はたくさんいます。


アメリカ大統領のリンカーンは、
ゲティスバーグの演説で名スピーチを行いました。


そ の結果、アメリカ歴代大統領の中でも
トップを争う名演説家として名を馳せました。


しかし、そんなリ ンカーンも
若 い頃は実は口下手だったのです。


そして口下 手を解消するため、
家から遠い距離を歩き、各地の演説を聞いては
村で人を集めて、そのマネを繰り返したというのです。


そのため、地元ではヒマ人と思われ、
おまけに口下手だったので、評判もよくなかったようです。


話上手と口下手には境界線はなく、
相手に自分の思いを正しく表現できる人が
話し上手なのです。


難しい技術や話の面白さ、声の質は二の次で、
口下手は十分に超えられる壁なのです。


口 下手を克服したいあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!


▲このページの先頭へ


音楽ソフト売り上げ