口下手になる原因

会話に関する認識が違っている


いつも多くの人に囲まれ、楽しげな人っていますよね。


周りには笑いが絶えなくて、
微笑んでいるだけで人が寄ってくるような人です。


口下手な人には、とてもうらやましい人ですね。


自分の口下手を気にしすぎてしまい、
会 話の輪の中に入るのが憂鬱になったりしていませんか?


口下手とひと言で言いますが、では、
口下手になった原因はどんなことだったのでしょうか。


例えば、子どもの頃に
ちょっぴりどもってしまったら、とても笑われた。


人を楽しませる話題もなくて、
自分の話はとてもつまらないと感じている。


誰かに話がつまらない、などといわれた?


様々な原因があるかと思いますが、
上記のようなことこがあったとしても、
それは口下手などではないと思います。


たぶん、あなたの会話に関する 認識が
違っているの ではないでしょうか。


会話は、誰かを楽しませるものではないと思いませんか?


会話は言葉のキャッチボールです。


相手はお笑い芸人に求める笑いを、
あなたに求めているわけではありません。


だから、たとえつっかえつっかえでも、あなたなりの言葉で
あなたの思いを相手に伝えることができるのなら、
それは口下手とはいいませんよね。


口下手になる原因は、意外と
あなたの思い込みだったりすると思いませんか?


口 下手を克服したいあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!


▲このページの先頭へ

メインメニュー

相互リンク募集中

おすすめサイト


音楽ソフト売り上げ