口下手で面接が怖い

よく聞くことが大切


口下手で面接が怖い人は、
面接官の聞きたいことを真剣に 聞くことが大切です。


そうすることで、質問と答えがずれることがなくなります。


いくら上手に話して も、質問と答えがずれていたら、
不採用の確率があがります。


口下手な人は、まずよく聞くことが大切です。


面接が怖い人の対策としては、
面接官の意図をよく 知ることです。


面接が何のためにおこなわれるのか、
面接官は何を知りたくてその質問をしているのか、
ということを理解すれば、それだけでも
恐怖から解放さ れます。


ただ、面接官の意図を自分で想像しようとして
変にかんぐってしまうのはよくありません。


変にかんぐってしまうと、
面接官の質問に答えられなくなり ます。


また、口下手で面接が怖い人は、事前準備しておくことが大切で、
自分自身の長所や強み、特徴、考え方、行動の特徴、価値観などの
伝えたいことを、 しっかり言語化して練習しておくことです。


そして、それらを証明するための
具体的なエピソードを 用意しておくと良いでしょう。


こうした考えをまとめる作業 をすると、
自分自身のことを振り返ることもできます。


面接でされる質問のほとんどは、大体、
繰り返しが多いので、しっかり準備をしていれば、
口下手で面接 が怖くなることもなくなるでしょう。



口 下手を克服したいあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!


▲このページの先頭へ


音楽ソフト売り上げ