口下手で友達ができない

思いやりを持って支え合うこと


幼い時に友達が出来ない要因の1つに、
口下手があります。


そして成長してからも友達ができない人は、
自分が口下手であることに深く悩みます。


でも、そうし た人は、
自我が強過ぎる傾向にあります。


自分がこういう人でなければ仲良くなれない
と思い込んでいて、友達に対しても
理想が高い人が多いのです。


その結 果、口下手であることも手伝って、
益々友達ができないパターンにはまるのです。


こうした人は、友 達なんか出来なくても構わない
と言う風に割り切ってしま う人が多いのです。


確かに、友達は多ければ良いというわけではありません。


相性の良くない人と、
面白くないと感じながら話をしても、
無駄な時間でしかあり ません。


友達を作るなら、こんな人と友達になりたい、
という人と仲良くするのがベストです。


でも、人には縁というものがあり、
特別面白くない、一緒に居て もつまらないと思う人でも、
自分のことを助けてくれたり、相手を助けることがあるかもしれません。


思いやりを持って支え合うことのできる人は、貴重です。


自分の好き、嫌いばかりを考えず、
口下手なりに、周りの人をもう一度よく見渡してみることです。


口 下手を克服したいあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!


▲このページの先頭へ


音楽ソフト売り上げ