口下手が話好きになる瞬間

会話は楽しむもの


我ながら口下手だな…と、
人 との会話を苦痛に思っている人が、
私の周りにも、意外と多くいます。


正直、自分も大して話が上手ではないですが、
周りの人の誰一人として、口下手と思ったことは
ありません。


でも、開き直ることができた最近まで、
自分は口下手だと思い込んでいました。


それは、自分の大きな思い込みに気づいたからです。


それまでは、明るく話好きな人は良い人。
口下手な口数の少ない人は感じの悪い人。
そう思っていました。


だから、自分も感じの悪い人と思われたくないから、
つまらない話でもべらべらとしゃべっていました。


口下手なんて存在しないと気づいたのは、
ある人と話をしていたときです。


数回しか会ったことがないその人と、
たまたま時間をつぶすために。


お茶をしなくてはいけなくなりました。


その人は物静かで、
口下手な人と思っていたんです。


でも、お茶を共にした一時間、ゆっくり静かに
会話を楽しむことができました。


その人はとても聞き上手で、
自分の話を楽しげに聞いてくれました。


安心できる空気で、沈黙も悪くないと教えてくれました。


おかげで、自分は口下手と
思い込んでいたと、気づかされました。


会話は楽しむもの、 といことですかね。


口 下手を克服したいあなたへ
自然に会話が盛り上がるこの4つの話題を試してみて!


▲このページの先頭へ


音楽ソフト売り上げ